あたまのうえにりんごがいくつ?

あたまのうえにりんごがいくつ? (はじめてひとりでよむ本)

セオ・レスィーグ ペンギン社 1983-01
売り上げランキング : 421505

by ヨメレバ

いたずらこねこと共に買った本。
ページ数は多めだが、文字数が少なく話のテンポが良いため、文字を読み始めた子でも読みやすそう。
頭の上に乗ったりんごの数を数えるため、数字に興味を持った子が楽しめるのではないだろうか。
作者は別名、ドクター・スースと言うらしい。

りんご 1こ のっけたよ!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

いたずらこねこ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

いたずらこねこ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

バーナディン・クック 福音館書店 1964-11-01
売り上げランキング : 14118

by ヨメレバ

去年、弟へのクリスマスプレゼントとして購入した本。
全て平仮名で書かれており、保育園や幼稚園生は読みやすいのではないかと思う。
登場するのはちいさな亀と仔猫。
見た事もない未知(亀)と遭遇した仔猫が、興味を持って近づき……といったお話。
亀と仔猫の様子を、定点カメラを通して見ているようなそんな感じ。
間の取り方が良い。

かめは、たちどまりました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

魔法事典

魔法事典

山北 篤 新紀元社 1998-09
売り上げランキング : 107854

by ヨメレバ

広く浅くといった感じで、魔法や呪術やら妖精などについて載っている。
イラストは少ないため、絵の参考資料には向かない。
魔法関連にはこんなモノがあったり、いたよ…という事が分かる程度。
参考資料は充実しているので、そちらの方が読みたいと思った。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK

久野尚美,フォルムス色彩情報研究所 グラフィック社 2014-05-08
売り上げランキング : 31057

by ヨメレバ

イラストを描く際に色で悩む事が多いので、良い配色の本はないかと探したところ本屋で一目ぼれ。買って損は無いと思った本だ。
ページ毎に変化するテーマや、そのテーマにあった色。そして、5パターンの配色サンプルはとても見やすく分かりやすい。
それぞれが大きなグループに分けられているため、大まかにこんな感じの色にしたいという所から配色を探しても良い。
配色の基礎知識やカラーインデックスも載っているため、配色の勉強にも役立つ一冊だと思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

新ヤマケイポケットガイド5 薬草

新ヤマケイポケットガイド5 薬草

平野 隆久 山と渓谷社 2010-06-18
売り上げランキング : 489803

by ヨメレバ

薬草や毒草の本を探している際に、本屋で見つけたので買ってみた。
ポケットガイドという事で、ハガキサイズほどの大きさだがフルカラーで見やすい。
薬草の本という事で、季節ごとに見る事の出来る薬草や、その薬効、利用部位、用法などが分かりやすく書いてある。
詳しくというほどではないが、この薬草はどのようにして使用する事ができるか知る手がかりにはなる。
また、薬草茶や薬酒などの作り方も載っているため面白い。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

クリエーターのための和のネーミング辞典

クリエーターのための和のネーミング辞典

学研辞典編集部 学研教育出版 2013-12-17
売り上げランキング : 40878

by ヨメレバ

主に創作キャラクターの名前を考える時に使用している。
辞典というか、単語帳扱い。
特に天文や生物の項を使う事が多いが、それ以外にもいろいろと載っていてページをめくるだけで楽しい。
ただし、気に入った言葉を見つけてもPCの辞書に入っていない場合があるので注意が必要。
この文字良いな。使おうと思っても、変換してくれない……。悲しい。

イラストは別にいらなかったかな。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

文豪ストレイドッグス (11)

文豪ストレイドッグス (11) (角川コミックス・エース)

春河35 KADOKAWA 2016-10-04
売り上げランキング : 925

by ヨメレバ

文豪をモチーフにしたキャラクターが出るという言葉にホイホイされ、1巻を表紙買いしてからもう11巻。
鏡花ちゃんの両親についての真相やフィッツジェラルドのある意味で弾けた人生、ドストエフスキーと太宰の邂逅などなど盛沢山だ。

探偵社の正式な一員となった鏡花は、名指しで匿名の依頼を受ける事になる。
敦と鏡花は共にその依頼に書かれていた”あるモノ”の調査を始める。しかし、それをモンゴメリが邪魔する。彼女は何の為に、2人を邪魔しているのだろうか……?
そして、探偵社とマフィアに負け地に落ちたフィッツジェラルドは、自分を追ってきたオルコットと共に新たな道を進み始める。

ある日、福沢と森が襲われ――倒れた。2人を襲ったのは、ある異能者。そしてその異能者は、ドストエフスキーによって頭を弄られていた。彼の狙いは一体、何なのだろうか。

鏡花ちゃんとモンゴメリ可愛いですね!!頑張れ敦、色々な意味で!!
そしてフィッツジェラルドよ。なぜ、その方向に目覚めたんだ。違う、そうじゃないんだ。ええい、元金持ちの金の使い方が分からぬ。何故、そのようにして要らぬ買い物をするのだ!落ち着けフィッツジェラルド!!
と、暴走しましたがドストエフスキーはまだまだよく分からないキャラクターですね。続きが楽しみです。

では、いずれ『約定の地』にて

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

モノノ怪 2

モノノ怪 2 (ヤングガンガンコミックス)

怪 ~ayakashi~ 製作委員会,蜷川 ヤエコ スクウェア・エニックス 2008-09-25
売り上げランキング : 49228

by ヨメレバ

昨日に続いて、モノノ怪を読んだ。
前編後編の二部構成となっており、前編よりも戦闘シーンが多いのでスピード感がある。
怖いというよりも、哀しい話でアニメはBGMも相まって泣く。

好きなシーンは黒背景にたくさんの猫と白無垢の女性が出てくるシーンだ。
白無垢の女性は、物語の鍵となる人で、化猫を斬るために必要な存在だった。
漫画だけでは物足りないと思う方はアニメのサウンドトラックを聴きながら読むと、良いかもしれない。

ねこ…お前は…
ねこ…かわいい子…

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

モノノ怪 1

モノノ怪 1 (ヤングガンガンコミックス)

怪 ~ayakashi~ 製作委員会 スクウェア・エニックス 2008-01-25
売り上げランキング : 47235

by ヨメレバ

元々、アニメとして見ていたため、気になって買ってみた。
アニメの場面をそのまま切り取ったような綺麗な絵は、綺麗はあるが漫画としてはゴチャゴチャとして読みにくい印象を持った。
そして、漫画であるが故に、アニメではあった場所が削られているところもある。
そのため、漫画を読むならば事前にアニメを見た方が良いと感じた。

坂井家の娘・真央は塩井家に嫁に行く事になっていた。しかし、輿入れの当日――突然倒れ死んでしまう。
その場に現れた謎の薬売りが言うには、真央の死は”モノノ怪”の所為だと言う。
“モノノ怪”は化猫の姿をしているそうで……、薬売りと共に坂井家の者達は猫に恨まれる事をしたのか? なぜ、化猫に狙われているのか……、その理由を探す。

和風ファンタジーな世界で、漫画では白黒の世界だが、アニメのカラフルな世界はとても素晴らしい。和紙のテクスチャを使うとか最高だろ。
つまり、一度はアニメのモノノ怪の世界を見て欲しいと思う。……漫画が悪いというわけでは無いが、アニメのインパクトが強すぎたのだ。
アニメの内容確認や、背景の模様などを確認したい時には使えると個人的に思う。

斬る”モノ”の”形”、”真”、”理”
その三つが揃わなければ…抜けません

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

極彩の家 (1)

極彩の家 (1) (ウィングス・コミックス)

びっけ 新書館 2016-05-25
売り上げランキング : 88136

by ヨメレバ

表紙に惹かれ、思わず手に取った。
水彩の柔らかな色合いが、とても素敵な作品だ。

茶系の髪を持つ人々の中に、ごくまれに生まれる鮮やかな色彩の髪を持った子供達が集まる”極彩の家”。
そこに、珍しい漆黒の髪を持つ烏羽(からすば)が現れた。
幼い頃から”極彩の家”に預けられた子供達とは違い、成長してから来た烏羽は、自分の髪の色を持つという事の意味が分かっていなかった。
同じ存在であり、それぞれの事情を抱える子供達とふれあいながら、烏羽は成長していく。

鮮やかな髪は、切り落とした瞬間に極上の顔料へと変化する。
赤系、青系、黄系。そして、珍しい黒と白。
色を持つ子供達の髪が伸びる速さは普通の人の何倍も速く、月に一度の色奉の儀で切り落とされる。
切り落とした瞬間、極上の顔料へと変化し、その顔料を求めて多くの人が色奉の儀にやってくる。

子供達は色の名前で呼ばれるようで、黒髪の子は烏羽、澄んだ青い髪の子は天藍(てんらん)、燃える赤い髪の子は紅(くれない)とう名前を持つ。
これは”極彩の家”に来てから貰う名前で、本名は別にある。本名はどこか異国風で、和風なのか洋風なのかよく分からない不思議な空間だ。
長髪キャラクターが好きで、和服を着ているところにホイホイされてしまった。
個人的に烏羽が好き。だが、名前の出ていない子達も可愛くて良い。

俺は会いたくない。俺のことを裏切ったくせに

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ