洋服のセンスと歌のセンス

こんばんは、功刀攸です。

最近は天気が安定しないため、風邪をひきそうでひかないという日々を過ごしています。

今週見たアニメは以下です。
「鬼灯の冷徹 弐期 その弐」、第15話「魔女っ娘とはなんぞや/洋装道楽」。
「魔法少女 俺」、第3話「魔法少女☆増えた」。
「ニル・アドミラリの天秤」、第壱章「稀モノの煌き -アウラ-」。

鬼灯の冷徹は相変わらず面白いですね。
「魔女っ娘とはなんぞや」は、映画の撮影を終えたマキちゃんが監督から次回作でドジ魔女っ娘役をオファーされたところから始まります。
鬼灯様のツテを頼り、リリスの紹介で魔女の谷からやってきたマジカル・マリンと出会いますが、ツッコミどころの多いマリンさんに鬼灯様とマキちゃんのツッコミが冴えました。
マリンさんの声優さんは野沢雅子さんで、とても好みな魔女声でした。
BGMはアウト一歩手前どころか、アウトでしかありませんが、ライセンス担当さんが今回もやってくれたのだと思います。心を強く持ってほしい。
後半、現世に舞台を移しますが、ここで白澤様のセンスがとてもジジイなことが分かります。
原作で元々知ってはいましたが、カラーで動画となるとなかなか腹筋に辛いものがありますね。

「洋装道楽」は、可愛い洋服を着たいという座敷童子の一子、二子の要望を受けて鬼灯様が二人のために洋服を買うところから始まります。
センスが良いとはいえない洋服にショックを受けた一子、二子のためにもう一着服を買うことにした鬼灯様はお香さん、唐瓜、茄子に服を買う際の決め方を聞いてみたり、浄玻璃の鏡で現世のテーマパークにいる人々の服装を確認したりします。
結局、洋服は外国のものということでリリスを呼ぶのですが、人形顔の一子、二子は日本人形のような見た目からフランス人形のような見た目に変わっただけという、二人には残念な結果になりました。
どちらも可愛いのですが、本人たちが好まなければどうしようもありませんね。
ちなみに私が洋服を買う際は茄子と同じく直観です。

「魔法少女☆増えた」は、第2話「魔法少女☆オレ」を見るのを忘れた状態で見ました。
1話ぐらいなら飛ばして見てもいいかなといえって、数回に一度は見忘れるパターンの王道を通っています。
回想が長かったり、歌パートが長かったりしましたが、話のテンポとしては好きです。
この前に「稀モノの煌き -アウラ-」を飛ばしながら見ていたのですが、謎のOPに困惑しつつ病んでる村瀬歩が最高と思いつつ、話のテンポは良いとは思えなかったので、「魔法少女☆増えた」の評価は個人的に高いです。
魔法少女オレに変身したさきを助けるため、桜世が魔法少女サキガスキに変身したところから3話は始まります。
濃い。濃いとしかいえない。
魔法少女オレのなんともいえない顔が凄くなんともいえませんでしたが、魔法少女サキガスキの吹っ切れ方が半端なかったです。
回想&歌パートは、なんともいえない顔の動物たちの姿に終始笑いが止まりませんでした。
そして、さき役の大橋彩香さんの歌を下手に歌うレベルが高すぎて逆にうまい。
わざと音を外して歌うスキルが素晴らしいと思いました。桃拾が歌う謎の人参の歌には疑問しか浮かびませんでしたね。
どうやら二人はこれから魔法少女アイドルとしてテレビ出演するようでしたが、新キャラも現れどうなるのか気になるところです。

LINEスタンプ発売中です。日常会話に使えるものばかりなので、どうぞ使ってください!

 
 

 
 
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

投稿者:

功刀攸

ライトノベル小説家を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です